head_img

information

メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > ダイエットと生理の関係のページ

ダイエットと生理の関係

icon 順調に体重が減っていたのに、ある日突然体重が増えた!
icon 暴食していないのに、翌日急に体脂肪が増えた!
icon 急にむくみが強くなってきて辛い・・・

こんな経験はございませんか?
特に暴食したわけでもなくいつも通りの食事で急に増えたのであれば「生理前」の可能性がとても高いです。


生理前はなぜ体重や体脂肪が増えるの??

生理前は女性ホルモンの一つである黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されます。黄体ホルモンが活発になると、体は栄養や水分、塩分を蓄えようとするため、この時期は1~2kg増量するのは珍しいことではありません。

体重が増えたからといって、炭水化物を完全に抜いてしまうと体が栄養不足と勘違いしてしまい、お菓子などの甘いものを欲してしまいますので注意を。

「急に増えた!なんで!?」と驚いてしまうかもしれませんが、この体重増加は脂肪ではなく「水分」ですので生理終了と共にその水分も一緒に排出され元の体重に戻りますので焦らずにいつも通りの食生活を続けることが大切です(#^^#)

line

 

生理前~生理中のダイエット

この期間は黄体ホルモンの影響で水分を溜め込みやすく、代謝もガクッと落ちる時期ですので食事や運動を頑張っても体重はほとんど落ちません。生理前~生理中は、ダイエットは少しお休みを♪

食欲が出る時期でもありますので、生理後に痩せやすくするために食べ過ぎにはご注意を。

ただし、甘いものを完全に禁止したりするのは逆効果なので少量を少しずつ噛み締めるように食べるといいですね^^

line

 

生理後のダイエット

生理終了後から約2週間が最も痩せやすい時期です。
この時期は体から余分な老廃物などを排出しようとする働きが強いので、ダイエットには最適な時期なのです。

生理後は代謝も高いので、運動や食事を集中すると体重が落ちやすくなります。

このようにダイエットにもメリハリをつけていくとストレスなく続けやすいですよ♪

line

 

排卵中のダイエット

「生理前でもないので急に体重が増えた!」という時は排卵中ではないか確認してみましょう。

排卵時期の目安ですが、排卵日は生理が始まって14日目からと言われています。 この時期も生理前と一緒で、黄体ホルモンが活発になるため、水分を溜め込みやすく一時的にむくみや体重増加につながります。

そして、代謝機能も低下しているので排卵中もダイエットを頑張っても結果が出にくい時期にあたります。 体重が急に増えてもそれは「水分」であり、排卵の終了と共に体重は元に戻りますので焦らないようにしましょう。

line

 

「生理期間中は普段よりむくみが辛くて・・・」

【解消法】

1. 38~40度のぬるめのお湯にゆっくりと浸かる。
湯船で足首や膝裏を指の腹で上下にさすり老廃物が流れやすいように刺激を与える。

2. 38~40度のぬるめのお湯にゆっくりと浸かる。
湯船で足首や膝裏を指の腹で上下にさすり老廃物が流れやすいように刺激を与える。

3. 塩分を普段よりひかえめに
塩分を取りすぎると、塩分濃度を下げようと余計に水分を溜め込んでしまいむくみが強くなってしまいます。

4. むくみにはカリウムを多く含む食べ物を。
大根や冬瓜、たけのこ、パセリ、ごぼう、昆布やワカメといった海藻類などがおすすめ。

line

 

プトゥリバリからのメッセージ

頑張っているのに急に体重が増えると「どうして!?」と混乱しちゃいますよね。。。そんな時のために、プトゥリバリでは24時間お客様のメールサポートをしております。

「わからないことがあればすぐに教えてくれるので安心できる!」
「体重が増えたら原因を分析してくれるので、わかりやすくてすごく頼りになる!」

など通っていただいているお客様よりご好評をいただいております♪

わからないことや不安なことがあれば溜め込まずにすぐに質問して解決する、これがダイエット成功の秘訣のひとつですね(*´∀`*)

痩せたい方はぜひ一度私の施術を受けてみてくださいね。

line

 

お問い合わせについて

電話番号 06-6430-9639
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン


ページトップに戻る